イメージ

住宅ローンと火災保険

【ポイント1】 住宅ローン融資で購入するマンション・戸建住宅の火災保険は?

住宅ローン融資を受ける際に、多くの金融機関が「火災保険に加入すること」
条件としています。
では、住宅ローン融資でマンション・アパート・戸建住宅を購入する際に、
火災保険の加入を義務付けられた場合、
金融機関が住宅ローン融資に伴う火災保険手続きの条件として求めることは、
・住宅ローンの借り入れ期間と火災保険の保険期間を一致させる
・火災保険に質権設定をすることが住宅ローン実行の条件となる場合もある
・住宅ローンによる火災保険の保険金額はマンション・アパート・戸建住宅建物の新築価額とする

です。 従って、以上の条件を満たせば、

【住宅ローン利用者の場合も、火災保険の保険会社・補償内容は自分で選べます。】

住宅ローンを借り入れマンション・アパート・戸建住宅を購入する場合、金融機関やハウスメーカーから すすめられた火災保険に加入しなければいけないと誤解している人が多いのですが、 金融機関が求める火災保険手続きの条件さえ満たせば、住宅ローン同様、火災保険も自由に選ぶことができます。


【ポイント2】 購入するマンション・戸建住宅のリスクと火災保険の補償を知る

 火災保険は、住宅ローン融資で購入したマンション・アパート・戸建住宅を火災や落雷、破裂・爆発などの 災害から建物を守ってくれる大切なリスクマネジメントの手段です。

住宅ローン融資で火災保険を付けられるお客様の多くが、購入されるマンション・アパート・戸建住宅の 所在地における周辺環境リスクや火災保険の詳しい補償内容、補償するリスクの違いによる保険料の違いなどをよく知らないまま、 金融機関やハウスメーカーからすすめられた保険にそのまま加入するケースがほとんどです。

今、住宅ローン融資に伴う火災保険で普及しているのは、様々なリスクに対する補償が充実した

【オールリスクタイプと呼ばれる総合補償のパッケージ型火災保険】

しかし、このような総合補償パッケージ型火災保険は、補償が充実している分、不必要な補償が付帯している ケースがあり、マンションや戸建住宅の構造や周辺環境によっては、結果として不必要なリスクの保険料まで負担することになります。

例えば
マンションの2階以上である場合、または高台で水災の危険がない場合にもかかわらず、水災リスクの補償が付いている

などなど、不必要な補償まで保険料を支払っているケースが多く見かけられます。

従って、【必要なリスクに対する補償を適切に選べば火災保険料は大幅にダウン】

となる可能性が十分にあるということです。

つまり、住宅ローン融資でマンション・アパート・戸建住宅を購入する場合でも、
お客様が自由に保険会社と補償内容を選べることを理解し、

  • ●安易に金融機関やハウスメーカーがすすめる火災保険を契約しない
  • ●マンション・戸建住宅建物の所在地の周辺環境のリスクを適正に確認する
  • ●火災保険は、内容をよく吟味し不要なリスクに対する補償は付けない

ことで、住宅ローンに伴う火災保険は、不要な補償をカットした分、保険料が安くなります。

【ポイント3】住宅ローン利用者対応の火災保険とプロのアドバイス

人生で一番高い買い物は「住宅の購入」と言われており、住宅購入諸費用の一部である火災保険も、住宅ローンの返済期間に合わせて加入すると、とても大きな出費になります。
住宅ローンを利用してマンション・アパート・戸建住宅を購入する際に、お客様は金融機関やハウスメーカーがおすすめする火災保険の見積りをご覧になって、火災保険料は意外に高いなと思われたのではないでしょうか?

金融機関やハウスメーカーがすすめる火災保険料が高く感じる主な理由
●万が一の罹災で損害を補償できないことが無いよう【総合補償型のパターン販売】を行う
●住宅ローンの返済期間と火災保険の保険期間を合せる為【長期の火災保険】となる

以上から分かるように住宅ローンを利用した火災保険料が高いのは、
【長期の火災保険】【総合補償型のパターン販売】であるためです。
【長期の火災保険】はやむを得ないとしても、全ての住宅ローン利用者のお客様が【総合補償型のパターン販売】で良いと我々火災保険のプロは思いません。

【総合補償型のパターン販売】より【自由設計型販売】の【住自在】が合理的

我々火災保険のプロは、【総合補償型のパターン販売】の火災保険ではなく、お客様のリスク実態、お客様の意向に合わせて設計する【自由設計型販売】の火災保険をおすすめします。

  • マンションの2階以上である場合、または高台で水災の危険がない場合にもかかわらず、水災リスクの補償が必要でしょうか?

このホームページでご案内している日新火災の【住自在】は、ローン利用者向け自由設計型火災保険です。 それ故、日新火災の【住自在】は、一般的な金融機関が窓口販売で行う【総合補償型のパターン販売】ではなく、 お客様のリスク実態やニーズに合わせて【自由設計型販売】を行う特徴的な商品であり、お客様に十分ご満足いただける商品です。

日新火災【住自在】は従来の総合補償型の火災保険とは全く異なる発想で開発

この日新火災の【住自在】は、従来の総合補償型の火災保険とは全く異なる発想で開発された商品であり、基本補償を火災、落雷、破裂・爆発による事故に限定し、その他の補償については自由に選択することが特徴です。
これにより、それぞれのお客様のニーズや住宅のリスク状況に応じた必要な補償が選べる合理的な保険設計および保険料設定を可能としています。
また、新価額をベースに実際の損害額を補償する実損払を導入し保険金支払方法を充実させ保険料の低減を実現しています。

我々、火災保険のプロがおすすめる日新火災【住自在】が、結果としてお客様の火災保険の節約となるお手伝いができれば幸いです。

住自在
東京海上グループ 日新火災

無料で住自在のお見積もりを作成いたします!
こちらよりお見積りフォームへお進みください。

無料 保険料お見積もり

経験豊富で「良いかげん」な代理店、
豊明損保センターにお任せください!

*「住自在」は、すまいの保険のペットネームです。

  • 記載している保険料および補償内容などは2017年1月1日以降のものです。
  • 詳しくはパンフレット、契約概要、注意喚起情報、ご契約のしおり・約款等をご覧ください。
  • 当社が取扱う保険商品について一定の項目のみを表示したものであって、保険商品間の優劣を意味するものではありません。商品の詳細はパンフレットや契約概要等をご確認ください。また、その他ご注意いただきたい事項は注意喚起情報、ご契約のしおり・約款等をご確認ください。